おひさま太陽クッキング

 

 

おはようございます。

「幸せごはん」伝え人、YoCoです。

 

この春から取り入れているお楽しみ。

 

太陽クッキング☀️

 

お日様の光だけで調理をするもの。

 

お顔を見せたばかりの太陽

その光を集めて待つこと40分ほど。

 

お湯が湧き上がります。

 

そのお湯で紅茶をいただく

朝の楽しみ。

 

毎日ではないけれど、

太陽の恵みをからだいっぱいいただきます。

 

f:id:YoCo:20200626070209j:image

お決まりの羽間農園さんの発酵紅茶

 

↓こちら「エコ作」さん。
f:id:YoCo:20200626070213j:image

筒の中に水や調理したいものを入れて

太陽の光に当てるだけ。

 

この調理を教えてくださったのは

サトウチカさん
「電力完全自給する」

フグリッドな暮らしをされている方。

別名〝オフグリッド女子〟

 

科学的な視野からも

太陽クッキングの魅力について

お話をされていて

とっても可愛いステキな方なのです。

 

わたしが一番「わぁ!」と思ったのは

太陽でクッキングした時の化学的な見解なのです。

 

しかるべき研究所の方が、

この太陽クッキングを体験した時に

「この方法で調理したものは腐りにくいのでは?」と。

 

なぜならば、太陽の紫外線は物を腐敗しにくくさせる

そんな光線らしいのです。

 

そして研究の結果、このお日様、太陽クッキングで

作られたごはんは、

化学的にも長期保存が可能であったり、

熱エネルギーがたくさん蓄えられている

ということがわかったのです。

 

わたしは紫外線は日焼けの元と

避けるように、避けるようにしていたけど、

認識が変わりました。

 

紫外線には皮膚の免疫能力を維持させたり、

目から太陽の光が入ってくることで

脳が刺激されて

幸せホルモンである「セロトニン」が分泌され

うつ病、夜眠れないなど・・・

そんな症状にとても効果があるのです。

 

美しい白い肌を守りたい。。。

そんな気持ちがあって、

太陽に当たらないようにしたり、

日焼け止めをバンバンに塗ってしまうのは

わかるのだけれど、

 

からだの中からの美しさがあってこそ、

心も健康に、美しく、そして生き生きと

命を輝かせることができる

そう思うのです。

 

さらに、日に当たると

ビタミンDのレベルが上がり

脳の認知機能が高まり

肌の免疫機能も蘇り、

肌のターンオーバーが早くなるのです。

 

なので、太陽にあたらないということは、

その逆も然り。。。

 

 

もう20年以上も前に

「日焼けした後は顔を洗ったらいい」って

皮膚科の名医が仰っていたことを思いだしました。

 

お話がだいぶとそれてしまったのですが、

太陽の恵みを目からも

からだの中からも

受け取れる、そんなごはんに

ハマっています。


f:id:YoCo:20200626070218j:image

朝ごはん

 

太陽のお湯でいただく羽間さんの紅茶

かなえちゃんのパン

ハレバレさんの有機野菜

 

このところ、平熱も36.6~8と体温が高くなっています。

前までは35.5くらいだったので。

 

いろんなところで体温チェックがあるので

自分の体温の高さにこの頃驚いていました。

 

ごはんとお手当てのお陰かな。

おかげさまで年々元氣になっています。

 

太陽クッキング

毎日取り入れてはいないけれど

時々こうやって

お天道様の恵みを分けていただいています。

 

1日、10分でいいので、

太陽に当たってみて欲しいです。。。

 

朝日はまだ日焼けの心配もないし、

目を閉じて顔を出したばかりの太陽を

感じてみてくださいね。

 

目の奥が熱くなり

疲れが取れます。

 

朝、東の空、その太陽。

わたしたちのお守り

ギフトを受け取ってくださいね。

 

今日も良い1日でありますように。

 

ありがとうございます。