やまと薬膳 中級コース③幼児のごはん

 

 

 こんにちは。

「幸せごはん」伝え人、YoCoです。

 

昨日はやまと薬膳中期コースの3回目でした。

 

※やまと薬膳とは、人の本来持っている力を引き出すごはんメソッド。人間がずっと食べてきたものを継承し、わたし達が自然にもちそなえている治癒力を高める調理法とお手当法を伝えています。薬膳の「薬」を、「艸」を「楽」しむと考え、植物を楽しむお膳、やまとは大きな和を持って広げる、そんなお料理メソッドです※

 

 「幼児の食事」いわゆる離乳食です。

 

玄米を5倍の水で2時間半、

美味しい持ったりとしたお粥が出来上がります。

f:id:YoCo:20200716084742j:image

この上澄み「重湯」を赤ちゃんごはんに。

 

2時間半もたいたら

玄米からたっぷりと栄養素が出てそれはそれは

贅沢な離乳食に。

 

そして、野菜の蒸し煮のマッシュ。


f:id:YoCo:20200716084739j:image


f:id:YoCo:20200716072907j:image

 

赤ちゃんにあげる時は、

「これは玉ねぎですよ〜」「人参ですよ〜」と

お話しながらあげてくださいね。

 

ここでやまと薬膳的な教えは

「トマト・ほうれん草・ジャガイモ・茄子・ピーマン」

これらの野菜はNGなのです。

シュウ酸と言われる、

食べた時に口の中がミシミシ、ガシガシという

感覚のある、あの味。

これがからだの中に多くなりすぎると

結石の元となるのです。

 

大人は、マッシュだけだと物足りないので・・・

 

蒸した野菜に、ローズマリーぬちまーす、オイルをかけて

オーブン焼きに。


f:id:YoCo:20200716072903j:image
f:id:YoCo:20200716072856j:image

 

今回のメニューは、

○玄米粥

○野菜スープ

○野菜のマッシュ

○海苔の佃煮

○りんご葛煮

○みかんの甘酒葛煮

 

赤ちゃんごはんを作ったもので、

大人も大満足のごはんになりました。

 

明日は初級6回目です。

今日は食材調達、行ってきます。

 

久々の晴れの日ですね。

麗らかな日をお過ごしくださいね。

 

ありがとうございます。